スポンサーサイト

  • 2013.11.15 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アーキエイジ RMT 応募にはハンゲームのID(無料)

,アーキエイジ RMT



「シュミッドディーヴァ」は韓国ZEONIX社開発のオンラインゲーム

NHN Japanは、オンラインゲーム「シュミッドディーヴァ」において、2007年8月22日(水)よりクローズドβテストのテスター募集を開始すると発表しました

テスター募集は8 月22 日(水) 15時〜9 月3 日(月)15時

応募にはハンゲームのID(無料)が必要

当選発表は9 月7 日(金)が予定されています



「シュミッドディーヴァ」はプレイヤーどうしの対戦をフィーチャーしており、今後の展開が注目されるところです

募集人数は6000名となっています

ファンタジー世界を舞台に4つの勢力のいずれかに所属、他の勢力のプレイヤーと対戦、自分の勢力を勝利へと導きます



クローズドβテスト(正式サービス開始前に、人数を限定して行うテストプレイ)の期間は年9 月11 日(火)12時〜9 月20 日(木)12時


ArcheAge RMT 『風林火山』クローズドβテスト

オンラインゲーム配信を展開する、株式会社エムゲームジャパン(本社:東京都台東区 代表:崔 正濬(チェ・ジョンジュン)、以下エムゲーム)は、現在サービス準備中の新作MMORPG『風林火山』のクローズドβテスターを、本日2007年10月26日(金)より開始したことをお知らせいたします


新マップ「守護ゾーン」は、今後行われるβテストにて実装を予定しております



■特設ページURL : 
http://furinkazan,ArcheAge RMT.mgame.jp/popup_new_element/index.html


■新奥義を追加
■既存マップ、モンスター、依頼のバランス調整
■依頼の大幅追加
■戦闘システムの調整
■新アイテム追加
■一部の霊獣の能力値を調整
■その他 新システム追加

また、実装を予定しておりました新マップ「守護ゾーン」の追加に関しましては、
予期せぬ不具合が発見されましたため、誠に勝手ながら、
今回のクローズドβテストでの実装は見送る形とさせて頂きました



■『風林火山』 クローズドβテスト 実施日程

■クローズドβ実施 : 10/26(金)16:00 〜 10/29(月)13:00
※上記期間内は終日プレイ可能となります

今回のクローズドβテストでは以下の点を追加・修正し、より楽しく、快適にプレイできるよう改良されました



■『風林火山』 クローズドβテスト システム追加・変更点 詳細

『風林火山』ティザーサイトにて、クローズドβテストにて実装される要素は、
アップデート特設ページにて公開中となっております



追加要素に関する詳細については、以下の特設ページをご参照下さい


アーキエイジ RMT   イベントの整理分析に必要な

 「千里眼 イベント管理 for JP1」で作成可能な各種レポートを、定型
 レポート・サービスとして提供します。あらかじめご了承ください。イベント発生件数の推移、監視カテゴリ別
 イベント割合など運用改善、状況把握に利用可能な評価基準をレポート・
 テンプレートとして標準で組み込んでいるため、レポート設計を行う必要は
 ありません。●概要
 JP1/Integrated Managementからイベント出力するだけで自動集計および
 レポート表示が可能です。●概要。---------------------------------------------------
■株式会社アシストについて
---------------------------------------------------
代表取締役会長:ビル・トッテン
代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:830名(2013年4月1日現在)
本 社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL  :http://www.ashisuto.co.jp/。「千里眼 EXPRESS イベント管理」
では、JP1 Integrated Managementから出力されるイベント関連データをもと
にアシストにてアセスメント・サービスを実施し、「千里眼 イベント管理
for JP1」で作成可能な各種イベント関連レポートに、現在の傾向や今後の
改善ポイントなどの診断やアドバイスも併せて提供します。 株式会社アシスト
~ 顧客企業の要望を取り入れた「千里眼 EXPRESS」で迅速なシステム改善を実現 ~。面倒な
  準備や分析知識は必要ありません。 今回アシストでは、レポート機能である「千里眼 イベント管理 for JP1」
を、導入レスでより手軽に利用できるように、顧客企業のイベント・データを
アシストにて加工、分析し、レポート化するサービスを「千里眼 EXPRESS
イベント管理」として新たに提供します。 ? 診断レポートとアドバイス・サービスを併せて提供。発生ホストだけでなく、システム(サービス)支援で状況把握や
 分析が行えます。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い
 合わせなどは、発表日現在のものです。●販売価格:300,アーキエイジ RMT,000円(税別)~。---------------------------------------------------
■「千里眼イベント管理 for JP1」について
---------------------------------------------------。
今年は、新スローガン(「お客様の最高」のために)のもと、この3分野にさら
に注力し、商用だけでなくオープンソース・ソフトウェアを含め顧客企業の
立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層
強化し、活動していきます。---------------------------------------------------
■「ENISHI」および「千里眼 EXPRESS イベント管理」に関するお問い合わせ
---------------------------------------------------
株式会社アシスト システムソフトウェア事業部 担当:松坂、蝦名
TEL:03-5276-5565 FAX:03-5276-5879
E-Mail :ssj_info@ashisuto.co.jp
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/solution/enishi/。千里眼EXPRESSを
  利用するだけで、レポートをもとにすぐに運用に完全に取り組むことが
  できます。●販売価格:3,200,000円(税別)~。 レポートのカスタマイズ等を行い長期的な分析を実施したい場合は従来の
「千里眼 イベント管理 for JP1」を、分析/診断レポートを手軽にまたは
すぐに活用したい場合は導入/カスタマイズ等なしに利用できる
「千里眼 EXPRESSイベント管理」という2つの提供形態により、コストを抑え
た迅速なシステム改善、長期的かつ継続的なシステム改善の両方を支援しま
す。 ? インストール不要、専門知識不要、リーズナブル。●特長。その後予告なしに変更されることが
 あります。また、必要な時にサービスをご利用
  いただくだけなのでコストも抑えられます。アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏ら
ない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です

データ提供。---------------------------------------------------
■ニュースリリースに関するお問い合わせ
---------------------------------------------------
株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850 FAX:03-5276-5895
E-Mail:press@ashisuto.co.jp。---------------------------------------------------
■「千里眼 EXPRESS イベント管理」について
---------------------------------------------------。 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚辰男、
略記:アシスト) は、自社のITサービスマネジメント分野に関するノウハウと
取扱製品/支援サービスを体系化した ITサービスマネジメント実践ソリュー
ション「ENISHI(えにし)」の「イベント管理強化ソリューション」で提供して
いる分析レポート機能 「千里眼 イベント管理 for JP1」を、導入レスで利用
できる「千里眼 EXPRESS イベント管理」を、本日より提供開始します。 「ENISHI」では、顧客企業のシステム運用における課題に対し、イベント
管理、インシデント管理、インフラ構成管理、モニタリング最適化、IT運用
自動化、品質管理の6つの観点からそれぞれ最適なプロダクト、支援サービ
ス、ノウハウを組み合わせ、「ENISHI実践ソリューション」として提供して
います。  イベントの整理、分析に必要な煩雑な作業が不要です。---------------------------------------------------
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。導入レス、カスタマイズレスで
 現在のシステム運用状況を確認することができます。複数のソフト
ウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システ
ムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。 。 「ENISHI実践ソリューション」の1つであり、障害監視やジョブ管理など、
日々のシステム運用上発生するイベントの管理基盤となる「イベント管理強化
ソリューション」では、統合監視コンソール(「JP1 Integrated Management」
(開発元:株式会社 日立製作所))により企業のシステム状況を一元的に把握す
る「集約フェーズ」、アシスト提供の「イベントアセスメント・サービス」や
「設計支援サービス」によりイベントの迅速かつ的確な対処を実現する
「整理フェーズ」、そして、アシストが取り扱う高速インメモリBIツール
「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies, Inc.、クリックテック・
ジャパン株式会社)を利用したレポート機能「千里眼 イベント管理 for JP1」
によりイベント情報の多角的な分析を行う「活用フェーズ」の3ステップに
より、顧客企業を強力に支援しています。  顧客企業から提供いただくJP1/Integrated Managementのイベント・
  データをもとに、アシストにて必要なレポート作成を行います


F1 RACE STARS POWERED UP EDITION[WiiU]


関連トピック記事:

「メイプルストーリー」フランシスやヒルラになりきれるアバタ

配信元ネクソン配信日2013/03/06

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:柧??醒肭???砣【?凵玳L:崔 承祐/チェ,ドラゴンクエスト10 RMT?スンウ、?^:3659、以下ネクソン)は、2Dアクションオンラインゲーム『メイプルストーリー』において、アップデートを実施します。

今回のアップデートでは、HAPPYアバターランダムボックスへ、人気NPC「フランシス」「ヒルラ」になりきれるアバターアイテムを追加します。
また、アバターランダムボックスへ、ホワイトチョコの可愛らしいアバターアイテムを追加します。ホワイトチョコのアバターを着て、甘?いホワイトデーを迎えましょう。

その他、アメージングミラクルキューブを再販し、「勲章コレクションリング」「予約拡声器」など、魅力的なアイテムを新規発売します。

『メイプルストーリー』では、これからもプレイヤーの皆様に喜んで頂けるようなアップデートやキャンペーンを実施していきます。


<『メイプルストーリー』3月6日(水)アップデート概要>
1.ポイントアイテムを追加します。
[ゲーム]
?HAPPYアバターランダムボックス(1個/11個)
?アメージングミラクルキューブ(1個/11個)
※アイテム価格を1個540ポイントから420ポイントに変更しました。
?プレミアム生命の水
 2013年3月6日(水)メンテナンス後?2013年3月21日(木)メンテナンス前まで

?シャインピーコック(5日/30日)
?勲章コレクションリング
 2013年3月6日(水)メンテナンス後?2013年4月10日(水)メンテナンス前まで

?予約拡声器(1個/11個)
 2013年3月6日(水)メンテナンス後?常時販売

2.ポイントアイテムを更新します。
[ゲーム]
,rmt?アバターランダムボックス(1個/11個)
 2013年3月6日(水)メンテナンス後?2013年3月21日(木)メンテナンス前まで

3.ポイントアイテムを販売停止します。
以下のポイントアイテムの販売を停止します。

[ゲーム]
?神秘のカナトコ
?再封印の丸薬(1個/11個)
?神話再封印の丸薬(1個/11個)
?1段階インナーアビリティー開放クーポン
?2段階インナーアビリティー開放クーポン
?A級インナーアビリティープロテクト
?B級インナーアビリティープロテクト
?びっくりフライライディングチケット
?プレミアム入場チケット(1個/11個)
?プレミアム入場チケット(グループ)(1個/11個)
?ハイパーマスターミラクルキューブ(1個/11個)

[ペット]
?クリームベア
?ピンクベア
?空色ベア

[パッケージ]
?クリームベア攻撃力パッケージ
?ピンクベア攻撃力パッケージ
?空色ベア攻撃力パッケージ
?クリームベア魔力パッケージ
?ピンクベア魔力パッケージ
?空色ベア魔力パッケージ
?パンテオンファミリアブースターパック(1個/11個)

4.各種イベントを開催します。
■ハッピーホワイトデーイベント
期間:2013年3月6日(水)0:00?2013年3月21日(木)メンテナンス前まで
対象:13レベル以上の全てのキャラクター

◇ホワイトデー特別なキャンディーを作ろう!
モンスターがドロップする「色砂糖」30個、「装飾用リボン」10個を集めると、NPC「製菓師クッカース」が「ホワイトデーキャンディー」を作ってくれます。
※10分ごとに繰り返し遂行可能です。
※モンスターのレベルが自分のレベルより11以上低いか、21以上高いと、アイテムをドロップしません。ただし、150レベル以上のモンスターはレベル差に関係なくドロップします。


◇ホワイトデーキャンディーをプレゼントします!
「ホワイトデー特別なキャンディーを作ろう!」で作った「ホワイトデーキャンディー」をNPC「カイリン」、「ヘレナ」、「リリン」、「シグナス」、「オズ」、「イリーナ」に渡すと、お礼に「ホワイトデープレゼントボックス」がもらえます。

さらに、6名全員にキャンディーを配るとNPC「カサンドラ」からご褒美が!!
さらにさらに、6名全員へのキャンディー配りを3日実行すると「称号]ももらえます。
※「ホワイトデーキャンディー」をダブルクリックすると、自分で食べるか友達NPCに送るかを選択できます。ただし、1日5個までしか自分で食べれません。

◇カップルモンスター狩り
期間中、一般フィールドに特別なカップルモンスターが現れます。
カップルモンスターを倒すと「ホワイトデー呪文書ボックス」をドロップするかも!?
※モンスターのレベルが自分のレベルより11以上低いか、21以上高いと、アイテムをドロップしません。ただし、150レベル以上のモンスターはレベル差に関係なくドロップします。

◇カサンドラの恋占い
NPC「カサンドラ」から「恋愛占い水晶玉」をもらって、大事に30分間持っていると「輝く恋愛占い水晶玉」に変わり、これをカサンドラに渡すと占いの結果に応じて「シングルたちの有望株」1個か、「今年春の人気者 (Lv1/Lv2/Lv3)」がもらえます。
※「今年春の人気者」はキャラクターのレベルによって種類が変わります。
30レベル以下…Lv1、31?70レベル…Lv2、71レベル以上…Lv3


■イベントスタンプ
イベント「ホワイトデーキャンディーをプレゼントします!」にて6名全員へのキャンディー配りを3日実行する。
※2013年3月6日(水)0:00?2013年3月21日(木)メンテナンス前までになります。


関連トピック記事:

なんでもかんでも大爆発して大騒ぎなレースゲーム,「SPLIT SEC


コースのあちこちが爆発しまくる
ハイテンションなレースゲームが登場


「スプリットセカンド」というテレビ番組のシーズンチャンピオンを目指してデッドヒートを繰り広げる本作「SPLIT SECOND -スプリットセカンド-」。テレビの演出だといえ「やりすぎじゃないの」という爆発は,プレイヤーを一瞬で虜にする

 「スプリットセカンド」と呼ばれる,架空のリアリティショウで行われるレースは,コース周辺のさまざまなオブジェクトを爆破させてライバル達の走りを邪魔しつつ,シーズンチャンピオンを目指して熱いデッドヒート繰り広げるという,とんでもない番組だ。ダイナミックに変貌するコース,次々に発生する障害物。そんなハイテンションなレースゲームが,9月9日にウォルト?ディズニー?ジャパンより発売されたPlayStation 3向けソフト(以下,SPLIT SECOND)だ。

 普通のレースゲームとは一味も二味も違っており,どちらかと言うと遊園地のアトラクションみたいな雰囲気で,だからディズニーなのか! と思ったが,違うかもしれない。それはともかく,今までのレースゲームの常識を軽々と覆したレースが楽しめるのは間違いない。


 本作の開発は,四輪バギーのレースゲーム「エクストリーム?レーシング ピュア」(//)で一躍有名になったイギリスのデベロッパ,Black Rock Studioで,アッと驚くド派手な演出が実にうまい。
 エレクトロニック?アーツの「バーンアウト パラダイス」(//)や,スクウェア?エニックスの「ブラーレーサーズ」(/)など,「普通じゃない」タイトルが増えてきたレースゲームジャンル。一方でハイレベルなグラフィックスとリアリティ追求する反面,こうした,ゲームでしかあり得ないようなレースを大真面目に追求する作品も出てきて,ジャンルの裾野が広がりつつあるような気がする。いずれにしろ,レースゲームファンの筆者としては,嬉しい限りだ。

 というわけで,レース中に思わず「おっ! すげ?」「うわ?! あせった」「アブねぇ!」などを連発し,夜中にやったら近所迷惑になること間違いなしの本作の魅力をお伝えしていこう。

コース上,あるいはコース周辺にあるさまざまなオブジェクトが吹っ飛ぶから,油断もスキもない。あっと思った次の瞬間,何かがコースを塞いでいるかもしれないのだ



ドライビングテクは不要?
パワープレイを使いこなせる者が勝者だ


 さて,さきほどから吹っ飛ぶだの障害物が転がるだの,レースゲームっぽくない言葉が出ているが,もうとっくにお気づきのとおり,これが本作のウリである「パワープレイ」だ。これはつまり,いろいろなものを破壊できる起爆スイッチのことで,先行するライバル車の邪魔になるようなタイミングでパワープレイを使い,さまざまなオブジェクトを爆破しながらレースを進めていく。これが,本作のプレイスタイルとなる。


 パワープレイを発動すると,コース盲?去楗氓???kするわ,ビルや高架,橋が崩れ落ちるわ,ジャンボジェットがコース内に突っ込んでくるわ,巨大な建造物が崩れてくるわと,「まあ,ちょっとした爆発だろう」ぐらいに考えていた自分の甘さを思い知らされることが起きる。自分でパワープレイを発動したのに,自分が爆発に巻き込まれてクラッシュしてしまうこともしばしばあるので,最初はたっぷりガッカリできるはずだ。
 もちろん,自分がレースをリードしていた場合,ライバルがパワープレイを使ってくるので,油断は禁物。突然の大爆発にも動じないよう,常に緊張モードでプレイしなければならないのだから恐ろしい。


 パワープレイを使うには,レース中にリアを流して走る「ドリフト」,前を走る車の真うしろにくっついて空気抵抗を最小限にすることで速度を上げる「ドラフト」,そして「ジャンプ」などを繰り出すことで「パワーゲージ」を溜める必要がある。
 ゲージが一定量に達することでパワープレイを使えるようになるわけだが,溜まり具合によって,まず「レベル1」が,続いて「レベル2」が使用可能になっていく。レベル2のほうが当然ながら強烈で,コースレイアウトが変化してしまうほどの爆発を引き起こすが,パワーゲージの使用量も大きくなるので,ポイントを考えなければならない。

 パワープレイは,いつでもどこでも自由に発動できるわけではなく,コース上の決められた起爆地点で,しかも先行しているライバルカーに対してのみ使用可能だ。どの地点が起爆地点なのかは,先行するライバルカーの上にパワープレイマークが表示されるので分かる仕掛けになっており,そこで×ボタン(レベル1),○ボタン(レベル2)を押すことで発動する。

 しかし,パワープレイマークが出たからといってただ押せばいいわけではなく,当然,押すタイミングが重要だ。タイミングによってはライバルに爆発を避けられてしまうので,そうならないタイミングでパワープレイを使えるかが勝敗を大きく左右することになる。
 最終ラップのゴール手前でパワープレイを避けられて負けたなんてこともしばしばあるので,どこでパワープレイを使うかの駆け引きには,思わず熱が入る。


 勝つためには,それぞれのコースのどこでどういったパワープレイが発生するのか,覚えてしまうのがよさそうだ。
 もっとも,掲載したムービーからも分かるとおり,とにかく爆発の演出が派手なので,順位など関係なしにプレイしても楽しめてしまうからすごい,ドラゴンクエスト10 RMT。筆者も飛行機が落ちてくるシーンの迫力が快感で,それだけのために何度もプレイしてしまったほどだ。巨大なオブジェクトが爆音を立てて崩れ落ちてくるのは,それだけでカ?イ?カ?ンなのだ。

 パワープレイをうまく使うためには,コースを覚えることが重要になる。
 テレビ局が用意した大規模セットには,高層ビルが建ち並ぶ大都会をイメージした「ダウンタウンセントラル」,空港滑走路や周辺道路を再現した「空港ターミナル」,断崖絶壁の渓谷やダムが美しい「キャニオン」など,シチュエーションの異なる70種類以上のレースが用意されている。もちろん,どれもパワープレイを使った際の派手な演出が圧巻で,思わず何度もプレイしてしまうほどだ。



ボリューム満点のゲームモードと
バリエーションに富んだレースイベントが魅力


 ゲームモードとしては,番組の出場者として参加し,シーズンチャンピオンを目指す「シーズン」,アンロックされたコースやレースモードを自由に走る「クイックプレイ」,世界中のプレイヤーと最大8人までのオンライン対戦を楽しめる「オンライン」,そして画面分割によりオフラインで2人同時プレイができる「対戦」が用意されている。

シーズンチャンピオンを獲得するには,レースイベントで上位入賞する必要がある。パワープレイの一発逆転&脱落があるだけに,フィニッシュラインを通過するまで油断できない。いろいろなレースイベントに参加して,勝利を目指そう!

 ゲームのメインとなるのは,やはりシーズンで,合計12のエピソードが用意されている。それぞれのエピソードは6種類のレースイベントで構成されており,レースイベントに参加して好成績を収めることで「クレジット」と呼ばれるポイントが溜まり,その累計により最終レースの「エリートレース」に参加できるようになる。
 そして,エリートレースで3位以内に入賞できれば,次のエピソードの参加権が獲得できるという流れだ。目標はもちろん,最後のエピソードをクリアした時点で十分なクレジットを持ち,シーズンチャンピオンになることだ。


 レースイベントは後述するように6種類のルールがあり,どれから挑戦してもかまわない。また,エピソードにもボーナスレースが用意されており,最初はロックされているので,どんなレースなのか分からないが,例えば,同じエピソードのほかのレースイベントで「ライバルを30台大破させる」という条件を満たすことでアンロックされる,といった具合。
 ボーナスレースに挑戦しなくても,ほかのレースイベントで上位入賞し,かつエリートレースも勝てば次のエピソードに進めるが,クレジットを稼ぐという点からは,ボーナスレースも取りこぼさずに進めて行くのがオススメだろう。

 というのも,獲得したクレジットによって各レースモードで使用できるマシンが増えていくからだ。約35種類登場するマシンは,それぞれ異なるスピード,ドリフト,強度,加速性能のパラメータを持ち,挙動特性にも違いがあるのだ。より高性能かつ自分の扱いやすいマシンを手に入れられれば,それだけチャンピオンシップを有利に進められるので,選択肢は多いほうがいいのだ。

 ただし,使用するマシンによってライバルカーの速さも調整されるらしく,初期のマシンを使っても楽勝だったケースも多い。このへんは,レースイベント,コース,マシンのナイスな組み合わせを,クイックプレイで走り込んで見つけてみよう。


 さて,上述のようにエピソードに登場する6種類のレースイベントは,それぞれルールが異なっている。普通のレースゲームでは見ることのできない,とんでもない内容のものもあるので面白い。とりあえずここで,各レースイベントを簡単に紹介しておこう。

■レース
8台のライバルカーを相手にフィニッシュラインをトップで通過することを目指すモード。ルールそのものは普通なのだが,後続車がブーストを使うことが多く,ライバルにすぐに追いつかれる。フィニッシュライン直前で脱落することも多くてションボリできるが,もちろん,フィニッシュラインこちらが大逆転できれば喜ばしい


■デトネーター
コースをいかに速く走り抜けるかを競うタイムトライアルで,こちらがパワープレイを使うことはできないが,あちらこちらが勝手に爆発してプレイヤーの邪魔をする。ゲームも後半になるとタイム設定がシビアになるので,気合いを入れて挑戦しよう


■サバイバル
先行する大型トラックから落とされる可燃物の入ったドラム缶を避けながら,制限時間内にどこまで走れるかを競うモード。大型トラックを追い越すとタイムボーナスが加算される。青色のドラム缶は時限式で,爆発までは接触しても車の動きを乱すだけだが,赤色のドラム缶は触れると車体もろとも大破して一発でアウトなので,絶対に避けるべし


■エアーストライク
攻撃ヘリから放たれるミサイルを避けつつ,スコア1位を目指すモード。雨のように飛来するミサイルを連続して避けるほど高いスコアが獲得できる。着弾地点がだいたい分かるので簡単そうだが,爆風でバランスを崩し,立て直せないままミサイルと鉢合わせ……なんてことも多い。爆風でバランスを崩しにくい,頑丈なマシンを使おう


■エアーリベンジ
攻撃ヘリから放たれるミサイルを避けながらパワーゲージを溜めて,rmt,放たれるミサイルをパワープレイではじき返して攻撃ヘリを撃墜するという,文字通り「エアーストライク」のリベンジ的なモードだ。はじき返さず,ミサイルを避けているだけでもパワーゲージが溜まるので,レベル2の攻撃をお見舞いしてやろう


■エリミネーション
制限時間ごとに最後尾が脱落していく,いわゆる生き残りレース。最後尾を走っていて残り時間のカウントダウンが始まるとかなりアセる。そのため,普通しないようなミスをしたりするからよけい頭にくる。とほほ。パワープレイでなんとかなる場合も多いので,最後まであきらめてはいけない



 どの場合でもいえることだが,勝つためにはレースモードやコースに合わせたマシン選択が重要。筆者も車を乗り替えただけで,それまでがウソのようにパワーゲージが溜まりまくったなんて経験もある。
 もちろん,パワープレイの使いどころはいつの場合も難しく,また面白いところだ。最後の最後で抜いてやろうとパワープレイを温存したものの,いざ使ってみたらすんなり避けられて順位は変わらなかったなんてことはざら。とにかく,最後まで結果の分からないレースが多いので,あきらめは禁物だ。

高性能のマシンだから勝てるとは限らない。ブーストによって差は縮みやすいのでパワープレイを使いやすいマシンを選ぶことをオススメする


アドレナリン全開でゴールまでぶっ飛ばせるド迫力のデッドヒートを楽しもう


 マルチプレイである「オンライン」では,「レース」「サバイバル」「エリミネーション」の3つのレースモードが選べる。世界中のプレイヤーと手軽にバトルを楽しむには,コースが自動で選択される「パブリックゲーム」が,そして招待プレイヤーのみで楽しむなら「プライベートゲーム」が用意されている。

シングルプレイでさえ,パワープレイを食らうとムカツキ度は最高なのに,人間相手のオンラインでは悔しさもパワーアップ! まあ,勝っても負けても人間相手のレースは熱く,続けて何度もプレイしてしまうはずだ。寝不足に注意しよう<筆者

 ルールは基本的にシングルプレイと同様で,人間相手にパワープレイを使いまくれるのだ。同レベルのプレイヤーばかりではないので,場合によっては何十秒も引き離されたりすることもあるが,上位レベルのプレイヤー同士がパワープレイの打ち合いで脱落,なんてこともあるので,あきらめてはいけない。
 もちろん,腕前の近いプレイヤー同士で抜きつ抜かれつ,パワープレイを食らったり食らわせたりできれば,めちゃくちゃ面白い。

 ちなみに,本作はシーズンを一通りプレイしないと新しいマシンが手に入らず,そうなるとオンラインに使えるマシンの種類が少なくなる。したがって,シングルプレイを十分にプレイし,マシンを入手してからオンラインプレイに挑むのがオススメだ。


 筆者は今までさまざまなレースゲームをプレイしてきたが,これほどレース中に驚き続けたゲームはなかった。派手な演出が一つや二つではなく,登場するすべてのコースのあちらこちらに散りばめられており,どのコース,どのレースをプレイしてもアドレナリンが吹き出すような体験ができるのだ。
 気づくと目をギラギラさせてゲームの世界に引き込まれる,そんなレースゲームに出会ったのは久々な気がする。

 どれほどハイテンションなレースシーンが展開するのかは,掲載したスクリーンショットやムービーを見てもらう……よりも,実際にプレイするほうが手っ取り早い。4Gamerのに英語PC版だが,体験版を掲載しているので,何よりまずはプレイしてみよう。

コーナー進入の目印になるものは,次の周で吹っ飛んでいることが多い。その代わり,前の周にはなかった巨大オブジェクトが転がっていて大変

関連トピック記事:

[E3 2011]オレはジェダイだった。「Kinect STAR WARS」などM

 毎年E3のMicrosoftブースには,同社のゲーム機でプレイできるさまざまな作品が並んでいる。昨年及び今年は,同社のモーションコントローラに対応したタイトルの展示に非常に力が入っている。今回,ブースで展示されていたKinect対応タイトルをいくつか体験してきたので,ここでは印象に残った作品のインプレッションをお届けしていこう。 Kinect STAR WARS  Kinectを使ったStar Warsゲームということで,「ライトセイバーを自分で振り回せるのだろうな」ということは初めから予想がついており,実際のところ筆者は「まあ誰でも思いつくアイデアだよね」くらいの勢いでたかをくくっていたのだが……。本当にごめんなさい,これすごく面白かった!  もともと筆者は,スター?ウォーズに対して思い入れがあるのだが,それを差し引いても,実際にあの音でライトセーバーが振れて,それで敵を倒せる気持ちよさは驚くほどだったのだ。  今回体験したデモでは,右手に持ったライトセーバーを振り,また左手からはフォースを発することができた。フォースを使うには,左手の掌を前にグイッと押し出すような動作をすればよい。これはフォースプッシュというもので,使うと遠距離にいる敵を見えない力で吹き飛ばせる。  ゲームは基本的にレールの上を進むような感じで進行していく。目の前の障害をクリアすると,キャラクターが勝手に次の障害まで前進してくれるのだ。ゲームを開始して筆者得意のセーバーとフォースでバトルドロイドを倒して進んでいくと,前方に大きな乗り物が置かれていて道をふさいでいる。ここでもまたフォースの出番だ。両手を掲げると画面内の乗り物が,こちらの両手から出ているフォースに包み込まれる,そのまま乗り物を上に持ち上げて,さらに横に移動させ,崖下に落とすことで,先に進めるようになった。  そこから少し進むと,低い位置から高所にいるこちらを撃ってくる敵がいる。敵のいる場所までは,普通の人間では飛び降りられないような結構な高さがあるが,ジェダイである筆者にとってはまったく問題ない,ヴィトン財布。その場でジャンプをすると画面内のキャラクターは対ジャンゴ?フェット戦直前のメイス?ウィンドウばりの華麗さ(かなり言い過ぎ)で飛び降り,敵を一掃した,ルイヴィトン 通販。  さらに進むと遠距離からこちらをライフルでピュンピュン撃ってくるバトルドロイドの一団と遭遇。こんなときは得意のフォースを使うのもいいが,ジェダイの高い身体能力を生かした高速チャージも気持ちがいい
関連トピック記事:

[E3 2011]「ALIENS COLONIAL MARINES」は映画の雰囲気そのま

 SEGAが海外で2012年春に発売予定のFPS「ALIENS COLONIAL MARINES」(//)が,E3 2011でムービー出展されていた。本作は「Borderlands」(//)や「Duke Nukem Forever」(//)で知られるロンドンのデベロッパGearbox Softwareが開発中のFPSで,2008年の発表以来音沙汰がなかったため,開発中止の噂が流れたという曰く付きの作品でもある。 Brian Martel氏  ムービーは撮影禁止のクローズドな環境で公開されていたのだが,それを待つ列は長く,筆者が見たときには2時間待ちの人もいたほど。  なにがそんなに人を引きつけるのかというと,やはり本作が映画「エイリアン」シリーズの世界観を忠実にゲーム化しているところだろう。脚本を「」などで知られるBradley Thompson氏とDavid Waddle氏が手がけ,アートワークを日本でも活躍するアメリカ人工業デザイナーSid Mead氏が担当するなど,ゲームの外堀的なものにまで徹底的なこだわりが感じられる。Gearbox SoftwareのCEOであるBrian Martel氏も,映画の雰囲気をそのままにオリジナルストーリーの「エイリアン」を作りだしたかったのだという。ちなみに映画の再現は細部にわたっており,ムービー上映の最初は20世紀FOXのロゴが登場し,ヴィトン財布,ファンファーレが流れるという凝りようだった。  ゲームのストーリーは映画「エイリアン3」の続編という位置づけで,プレイヤーは合衆国植民地海兵隊として,惑星LV-426の軌道上を漂うU.S.S.スラコ号へ乗り込むことになる。  当然,プレイヤーはエイリアンに襲われることになるわけだが,その数が半端ではない。正直,仲間達を入れても手が足りないほどで,自動で弾を撃ちまくる武器を設置して必死で対抗しなければならない。ひとたび戦闘が始まると「弾幕系シューティングゲームか!」と突っ込みを入れたくなるほど画面が弾でいっぱいになる。もっとも,そんな状況でも上下左右へと素早く動きまくるエイリアンすべては倒しきれず,何匹かはプレイヤー達のそばにまでに到達してしまう。  エイリアンに接近を許した仲間がそのまま連れ去られてしまうシーンもあり,次々と部隊の人数が減っていく。また,ときには巨大なエイリアンが現れ,ルイヴィトン新作,柱などを壊しながら近づいてくることもあり,恐怖心を煽られる。ムービーでは,撃ち倒せないことが分かった時点で必死に走って逃げ,分厚い扉を閉めて安心したとたんに,今度はその扉が反対側から押され,ありえない形にへこんでいった。幸いにして扉はなんとか持ちこたえ,巨大なエイリアンはもといた場所へ去っていったが,タックルを受けるたびに変形する扉を見ていたときは,なんともいえない恐怖感でいっぱいになった。  もっとも,巨大エイリアンから逃げて安心した途端に,ダクトのような場所からひょっこり現れたエイリアンに仲間がさらわれてしまったりと,本当の意味で心が安まる暇はない。息もつかせぬとはまさにこのことで,どこから襲われるか分からない恐怖に常に怯えることになってしまうのだ。自分でキャラクターを操作している分,恐怖感という意味では映画を超えているかもしれない。  本作にはCo-opモードが用意される予定で,友達と一緒にこの恐怖を味わえるという。ただし,現状ではクオリティを重視して開発を進めているため,画面分割による同時プレイは用意されないとのことだ。クオリティを落とさずに画面分割に対応できるようであれば用意するかもしれない,とMartel氏は語っていたが,Gearbox Softwareがいかに徹底して本作にこだわっているのかが分かる。  現段階ではあまり目立ったフィーチャーはなく,ストーリーも一本道のFPSなので,ゲーム的な新しさはないかもしれない。だが,恐怖感の演出にこだわり抜いた本作を,日本でも発売してほしいと強く感じるムービーだった。
関連トピック記事:

[E3 2010]フェルト刺繍でアクションゲーム? カービィシリ

。  攻撃方法は,主にムチのように放つ刺繍糸を相手に絡めて,敵をほどいていくというもの。そのほか,アイテムを投げて攻撃することも可能で,2人プレイでは相方を投げつけることもできた。  また,ステージの仕掛けに応じてさまざまなアクションがある。背景のジッパーを開けるときには戦車のようになり,じりじりとつまみを引っ張るし,背景のボタンに紐を投げつけることで,振り子のようにぶら下がることができるのだが,このときもストラップのような形に変化するのが面白い。 カービィの変身パターン さまざまな仕掛けの施されたステージ  横スクロール型の2Dアクションである本作だが,敵はジャンプする先にいるとか,通路をふさぐように立っているなど,倒すというよりは先に進むための障害の一つというのが正しいようだ。基本は,仕掛けを解いていくことでステージをいかに進んでいくかが鍵となる。  そうした仕掛けの中には背景のフェルト生地など,刺繍であることを前提にしたものがある。たとえばポケットのアップリケをはがすとそこからアイテムが出てくる。建物の生地を引っ張ると,一時的に背景がクシャッと縮むので,先ほどまで届かなかったところにジャンプできるようになる,といった感じ。さらには,そうしたアップリケの建物の入り口から裏側に入ることができ,中をもぞもぞと移動することも可能だ。背景が,フェルト刺繍であることを前提としたステージ構造のおもしろさに,思わず感心してしまう。  また先ほどのフェルト刺繍であることを生かしたステージなどとも繋がるのだが,各種演出も非常に芸が細かい。風の表現や,キャラクターが着地したときの煙など,すべてが刺繍という形で表現される。実際の刺繍ではそれがアニメーションするわけではないのだが,それが動いていくのはCGならでは。  さらに,キャラクターのアクションがいちいち細かいのもうれしいところ。カービィが玉になって飛んでいくときなどは,野球のボールのような縫い目がきっちり描かれていて,それが単に右回りに回転しているわけではなく,立体的に回転しているように表現されている。 2人プレイではさらに楽しくなる  本作は2人プレイも可能で,今のところストーリーなどは公開されていないが,2P側のキャラクターは,「Prince of Fluff」という,男らしい極太眉をした御仁だ。2Pプレイがまた楽しく,協力することで,結果的に難度も下げられる。ジャンプして届かないところにあるアイテムを,相方を投げ飛ばして取ってきてもらうなど,ステージ攻略が部分的に容易になるのだ

[G-Star 2010]あのCryENGINE 2を採用! XLGamesが鋭意開発中

。もちろん,すぐに海に浮かべてみた。  船では,帆を上げたり下げたり,側面の大砲で砲撃したりといろいろなことができる。もちろん,操縦も可能だ。もっとも,船をスムーズに運用するには,複数のプレイヤーが役割分担をしつつ,操作する必要があるとのこと。  船を使ったPvPも行え,たくさんの船が集まれば艦隊戦となる。そんな状況下で,敵が近づいたら操舵輪から離れて,舷側の大砲のところに行って……なんてことは一人ではやっていられないだろう。  この船で敵のテリトリーへ行くことができるという説明だったので,さっそく行ってみる。  「敵国」というから,かなり遠いのかと思ったら,すぐそこに見える岬の裏側という感じだった。これはG-Star用のバージョンだからで,実際のゲームではもっと遠いところらしい。  敵の街に近づくと,港を守る壁のようなものが見える。砲撃ができるので,隣の試遊台にいた味方プレイヤーと同じ場所をずっと撃っていたら,やがて壁が壊れた,本作にはそのような「オブジェクト破壊」の要素もあるようだ。  試遊台にはもちろん,敵対勢力でプレイしている人もおり,ほどなく敵方の船がやってきた。船同士の戦いだ。がんばって大砲を撃っていたのだが,あえなくこちらの船は撃沈した。負けたのは残念だが,船は沈められても完全にロストすることはなく,修理が可能とのことだ。 ほかのプレイヤーを雇って家作りが可能  復活ポイントに戻って,今度は「家の建築」を体験した。本作では一般のフィールド上に家を建てることができるが,もっとも,どこでも無制限に建てられるわけではなく,あらかじめ建築可能なポイントは決まっている。  しかしそれでは,すぐにプレイヤーの家が建ちまくって深刻な土地問題が発生するのではないかと聞いてみたところ,「管理費をしっかり支払っていないと,家が撤去されてしまうので,そういうことにはならない」との返答。うーん。個人的には,その程度でうまくいくのか心配だったりするが。まあ,この先の開発において,さらなる対策が講じられる可能性もあるだろう。  家も船と同様,長い時間とたくさんのお金や素材が必要で,苦労して完成させるものだそうだ。また家の建築には「労働力」も必要になる。面白いのは,対価を払って他のプレイヤーに家作りを手伝ってもらうことがシステム的に可能なことだ。お金で人を雇えるわけだ。  この仕組みを導入した理由の1つとして,プレイヤー間での通貨の流通を促進し,貧富の差を少なくすることが挙げられていた

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ▲